息子にスキンケアーを教えるのは難しい

男の子にスキンケアーをしてというのは中々難しいことです。おしゃれな方や清潔な人は進んでしてくれそうですが、ただお風呂で顔を洗うだけの子にはなぜ必要かと説明することから始めなくてはいけません。息子がそうなんです。ニキビがあり何とかしたいと私は思っていました。一度高校生の時プロアクティブを使いましたが少し良くなったのですが、めんどくさいらしく段々使わなくなって、続きませんでした。少し良くなったので油断もしていましたね。
社会人になり、残業でコンビ二に寄り食べながら帰って来るようになりました。当然ニキビの悪化。赤くなり黄色くなり、ニキビ後も残り、特に口の周りや顎にできています。今25歳、まだ間に合うから、ニキビもう一回頑張ろうと声をかけてみると、意外と素直な反応が、本人も実は気にしてたんですね。炎症が得にひどかったので初めは低刺激ものでアルージェの化粧水
を選びました。少し勉強し皮脂の取りすぎはかえって皮脂を増やしてしまうから保湿効果のあるものに、アクネ菌の炎症を抑えるサルチル酸でもピーリング効果もあるから強すぎない程度で配合のもの。ニキビ跡もあるからビタミン誘導体の入っているものも選び、それでも使ってくれなくては、意味がありません。まずは洗顔と化粧水だけを使い、ひどいところは塗り薬テラ・コートリル、ステロイドが入っているので連続で2週間まで、あとは間隔をあけて使いました。飲み薬はペアA、塗り薬と飲み薬と洗顔は比較的使いやすく、やはり化粧水は難しいようでぺちゃぺちゃ変な手つきで塗ります。くまさんがはちみつを食べてるみたいに。ちょっと可愛かったです。洗顔はペリカン石鹸の薬用アクネ泥炭石、化粧水は肌美精の大人の化粧水を使いました。3か月がたつと赤みが薄くなってきています。ニキビはできますが化膿までしないのです。続けて使ってくれるのなら、評判の良いnonA石鹸やニキビが落ち着いたらファーストクラッシュ、そしてニキビ跡のリプロスキンも使わせてみたいです。食事もくだものや野菜、油も控えてつくりました。何もしないよりは何か一つそして二つとニキビ対策を増やしていくと効果がでるのが早いんじゃないかなと思います。そしてやっぱり続けることですね。良くなったと思って辞めないように見張っている毎日です。